一般歯科について|池尻歯科医院|大阪市淀川区の歯医者

大阪府大阪市淀川区東三国4-1-8
大京ビル東三国ハイツ2F

トピックス TOPICS

一般歯科について

お口に関する
困りごとはお任せください

当院の一般歯科ではむし歯治療をはじめとして、高度な技術を必要とする根管治療、および外科処置を行う口腔外科領域にも対応しています。治療の際はできる限り痛みに配慮するとともに、患者さんの将来の健康も考えて、メカニズムや予防方法も合わせてお伝えさせていただきます。お口のことで困りごとなどありましたら、ぜひ一度ご相談ください。

CONSULTATION
こんな場合はご相談ください
  • 歯が痛い
  • 歯ぐきから血が出る
  • 歯が黒くなっている
  • 詰め物が取れた
  • 歯がしみる
  • 歯ぐきが赤くなっている
  • 詰め物の変色が気になる
  • むし歯リスクを抑えたい

当院の一般歯科

痛みが苦手なかたにも配慮した治療

歯科医院での治療に苦手意識のあるかたは、過去に痛い思いをされたことがあるのではないでしょうか。当院では、治療の際の痛みをできるだけ軽減するよう、痛みに配慮した治療を心がけております。また、極力麻酔を打たないことも大切にしており、それを実現するためのテクニックを日々みがいております。痛みが苦手で歯科医院から足が遠のいているかたは、ぜひ一度ご来院ください。

保険診療で
カリエスチェック
を対応

健康な歯をできるだけ削らない治療

一度削ってしまった歯は、二度と元には戻りません。末永く歯を残すためには、むし歯の箇所のみ適切に削り、健康な歯を削りすぎないことが大切です。当院では、ライトタッチレーザー、5倍速のコントラやカリエスチェッカーなどを使用して、患者さんの大事な歯を削りすぎない治療を心がけております。

当院では歯髄温存法
(3Mix法)による
治療を行っています

歯髄(歯の神経)がむし歯に侵されると、通常は歯髄を除去する治療が必要になります。歯髄には血管や神経が通っており、栄養補給や痛みなどの情報を伝達する大切な役割があります。歯髄を除去した歯は将来的に失う可能性が高くなるため、当院では歯髄を保護する歯髄温存法(3Mix法)で治療しています。3Mix法は、抗菌・殺菌作用を持つ抗生物質を用いて無菌化することで治癒を目指すので、歯髄を残せます。このため将来の抜歯が少なくなります。

歯を削らないための取り組み

5倍速コントラ

通常の歯を削るタービンよりも回転数が少ないため、精密に削ることができます。健康な歯の削りすぎを防ぐことができ、キーンという不快な音もありません。

カリエスチェッカー

むし歯の部分のみを染めることができる検知液で、むし歯の取り残しを防ぐことができます。また、健康な歯の削りすぎも防げます。

ライトタッチレーザー

水の力を利用することで直接患部に触れることなくむし歯部分を削ったり、歯周病菌を殺菌することができます。

詰め物・被せ物は
メタルフリーがおすすめです

むし歯の治療などで歯を削った箇所には、詰め物・被せ物をします。保険適用内では銀歯が一般的ですが、将来的に金属アレルギーの心配があります。当院ではメタルフリーの素材も扱っており、審美性が高く金属アレルギーのリスクもないことから多くのかたに選ばれています。