当院の歯周病治療|池尻歯科医院|大阪市淀川区の歯医者

大阪府大阪市淀川区東三国4-1-8
大京ビル東三国ハイツ2F

トピックス TOPICS

当院の歯周病治療

患者さんの将来のことを考えて
適切な治療をご提案します

当院の歯周病治療では、その場だけ一時的に症状が改善するような方法は取りません。患部の歯を安易に抜くなどせず、将来を見据えて患者さんの今ある歯を生かすことを大前提とさせていただいております。また、治療に加えて日々の口腔ケアについても詳しくご説明するなど、歯の将来までしっかりと考えて向き合う方針を取っています。

幅広い視点で行う歯周病治療

歯周病が進行すると、口腔周りにとどまらず全身の健康状態に悪影響を与えてしまいます。当院では歯周病治療を通じて、全身の健康を守るためのアドバイスも行っています。もちろん、患者さんの状態に合った歯周病治療の方法なども丁寧にご説明します。歯を失ってしまったかたにも、幅広い視点から適切な治療方法をご提案させていただきます。

治療内容

スケーリング
スケーラーと呼ばれる器具を用いて、歯に付着した歯石を取り除くことをスケーリングと言います。歯石が溜まった状態が続くと細菌が増殖する原因となり、歯ぐきの腫れや顎の骨の減少に繋がります。歯周病治療としても効果的ですが、定期的に歯科医院でケアを受けて予防に努めましょう。
SRP
スケーリングとルートプレーニングの頭文字からSRPと呼ばれ、歯科衛生士が行う歯周病治療のことです。歯面や歯周ポケットに付着した歯石やバイオフィルムを除去し、歯の表面をツルツルに仕上げます。歯垢などの汚れが付きにくい状態になり、疾患の予防にも繋がります。
再生療法(リグロス)
歯周病が中等度以上に進行している場合、外科手術による再生療法が行われます。歯ぐきを切開して歯に付着する歯石を除去した後、リグロスという歯周組織再生剤を塗布します。数ヵ月ほどの時間をかけて、顎の骨などの歯周組織を再生させていきます。