治療の流れ|池尻歯科医院|大阪市淀川区の歯医者

大阪府大阪市淀川区東三国4-1-8
大京ビル東三国ハイツ2F

トピックス TOPICS

治療の流れ

01 初診時
問診および各種検査を行います。その後、睡眠評価装置「ウォッチパット」の使用方法を説明し、お渡ししますのでご自宅で測定をお願いします。
02 自宅で睡眠状態を測定
就寝時の指先末梢の血流量を終夜連続的に測定し、これらの信号を独自開発のアルゴリズムで睡眠・覚醒・無呼吸低呼吸指数などの睡眠呼吸障害の診断に必要な情報を測定します。
03 自宅での睡眠状態を診断
使用いただいたウォッチパットを返却いただき、ご自宅での睡眠状態を診断いたします。診断結果をもとに「e-OAスリープスプリント」を制作していきます。
04 e-OAスプリント制作
まずは患者さんの歯型を採取した後、トレーの試適を行います。e-OAスリープスプリントが完成したら、健康状態を診て、必要がある場合は微調整をして最終完成させます。
その後、2週間後に再度ウォッチパットで検査を行い、問題がないかチェックしていきます。
05 メンテナンス
6ヵ月に一度、e-OAスリープスプリントが問題ないか、定期的なチェックを行います。
※残っている歯が極端に少ない場合や、慢性的に鼻腔の通りが悪い方はe-OAスリープスプリントをご使用いただけないことがありますので診療時に判断させていただきます。