PCR検査 遅い少ない 臨床検査技師の不足が原因らしい|池尻歯科医院|大阪市淀川区の歯医者

大阪府大阪市淀川区東三国4-1-8
大京ビル東三国ハイツ2F

トピックス TOPICS

PCR検査 遅い少ない 臨床検査技師の不足が原因らしい

日本のコロナ対策は太平洋戦争を思い出す。竹やりで戦え。
PCR検査の少なさは臨床検査技師の不足。

なぜすぐにPCR検査が受けられない。
PCR検査の縛り。保健所に相談してから。
PCR検査の是非は医師が決めるのが妥当。

医師の裁量権を奪ったのはだれか。

PCR検査は時間がかかる。


PCR検査の流れ
1)検体採取  慣れないと正しく検体採取ができない
2)核酸(ウィルスRNA)抽出
 遺伝子を抽出する工程に約30分~2時間
3)核酸増幅による ウィルスRNA の検出
  遺伝子の増幅・検出に約2時間

2)3)のやり方が煩雑で人為的ミスが起こりやすい

東洋紡が遺伝子の抽出工程を最短2分で完了
遺伝子の増幅・検出も最短56分で可能


遺伝子の増幅・検出に使用するのがPCR検査装置
しかし外国製が多く日本で供給できなくなっている。


国産PCR 検査装置(ジーンソック:杏林製薬) 
 リアルタイム検査装置
 最短5分で遺伝子定量
 蛍光検出3波長
 最大4件同時測定
 割り込み測定可能
 軽量*救急車に搭載できるのでは?

しかし自社製の試薬しか使えない。 2)3)が省けない。

今からでも遅くない。
医療崩壊は防げる。

東洋紡と杏林製薬が組めば救急車・医院・救急病院でも測定可能。
医療機関のたらい回しを防ぐことができる

ここで問題
ジーンソックで東洋紡の検査試薬は使えない。
オール・ジャパンでPCR検査の確立をお願いしたい

PCR検査が多い国は自動化されている

日本は人海御戦術 低開発国か?