子供の歯並び|池尻歯科医院|大阪市淀川区の歯医者

大阪府大阪市淀川区東三国4-1-8
大京ビル東三国ハイツ2F

トピックス TOPICS

子供の歯並び

歯並びは遺伝で全てが決まるわけではありません。
乳児期から続けている食生活が大きく影響します!

食生活の変化により、噛む回数・飲み込む回数が減って口呼吸になりがちです。

お子さんを見ていて次のような様子はありませんか?

☐ 口をポカーンと空いている

☐ 鼻がよくつまっている

☐ 口を閉じさせるとアゴにしわができる

☐ 姿勢が悪い

このような習慣が続くと上アゴの発達が悪くなり、下アゴはその影響を受けます。
アゴがうまく成長しないと、歯並びが次第に悪くなってしまいます。

軟らかいものを噛むとき、アゴは単純な上下運動で済んでしまいます。
それが硬いものを噛むときには、それが水平運動が加わり、すり潰すような咬み方に変化します。


左:上下運動だけのチョッピング咀嚼
右:上下運動+水平運動のグラインディング運動

 

大事なことは・・・

・形のある食べ物を、なるべく素材に近い状態で食べること!!

・形のあるものを前歯で噛みきり、奥歯ですり潰すように噛み、舌・
 頬・唇の筋肉を動かして食べること!!

・食事をするときは正しい姿勢で、足が浮いてブラブラしないように
 座って食べること!!

これらを守って食事をするよう気を付けてください🙏