むし歯と間食|池尻歯科医院|大阪市淀川区の歯医者

大阪府大阪市淀川区東三国4-1-8
大京ビル東三国ハイツ2F

トピックス TOPICS

むし歯と間食

将来できるだけ多くの歯を残すためにも避けたいむし歯

そのむし歯を遠ざけるためには、お口のなかを中性に保つ必要があるのですが、

食べ物を摂取すると、むし歯の原因となる細菌がそれを栄養にしてを産生し、お口の中が酸性になります。そのままにしておくと、この歯を溶かしてむしばになってしまいます。

ですが、人間の唾液には緩衝作用があり、時間が経つと酸性から本来の口の中に近い状態になるといわれています。

しかし、間食が多かったり食事を規則正しく摂っていなかったり、歯磨きができていない場合は、緩衝作用が追いつかずむし歯が進行してしまいます。

なので、むし歯対策として唾液が酸性を中和するための時間をつくることも大切なことの一つです。

そのため、時間を決めず何回も食べものを口にしてしまう「だらだら食い」は要注意です。

「量」よりお口の中に入る「頻度」が虫歯に大きく影響してきます。

特に甘いものは酸性を強くします。

間食やおやつは時間を決めて食べるようにしましょう!